栄養士のコーナー

管理栄養士のコーナー

管理栄養士がアドバイス

身体の内面からの健康づくりを食・栄養面からサポート。
患者様1人1人のライフスタイルに添った食事改善プランを考えます。
高血圧や糖尿病、その他様々な生活習慣病は食生活を改善することで良くなります!
管理栄養士に相談して健康を手に入れてみませんか?

食物アレルギー

各種食物アレルギー、離乳食などの相談も受けております。

栄養士のお話とお料理レシピ紹介

健康づくりに役立つお話とお料理レシピを当コーナーでご紹介します。

栄養士のお話とお料理レシピ

基礎代謝

太りやすい人、痩せやすい人の分かれ道は「基礎代謝」違いにあった。

詳しくはこちら PDF

2017年4月1日

エリンギの味噌マヨ炒め

痩せやすい身体を作るレシピ

材料(2人分)
エリンギ 1パック(100g)
マヨネーズ  小さじ2(8g)
味噌  小さじ2(12g)
水  大さじ2(30ml)

1人分
エネルギー  49Kcal
食物繊維 2.2g
塩分   0.7g

作り方
・エリンギを1cm厚さの輪切りにする。
・フライパンに、材料を全て入れ、加熱。
・水分が無くなるまで 炒め合わせる。
★七味や豆板醤を加えても、美味しい。

2017年4月1日

ブロッコリーのコーンクリームグラタン

痩せやすい身体を作るレシピ

材料(3人分)
ブロッコリー 1株(200g)
マカロニ   50g
スライスハム 2パック(4枚入り)
A
 コーンクリーム缶 小1缶(190g)
 牛乳   1/2カップ(50ml)
 塩・コショウ 小さじ1/2(2.5g)
とろけるチーズ 3枚(54g)

1人分
エネルギー  205Kcal
食物繊維 3.7g
塩分   2.0g

作り方
・ブロッコリーは小房に分ける。(軸は皮をむき、2c長さの短冊に切る)
 ハムは縦に3等分し、5mm幅に切る。
・マカロニを湯がく。
 茹で上がり3分前にブロッコリーを加え、
 パスタと一緒に湯がき、ザルに上げる。
・ボールに、Aを加え、混ぜ合わせる(グラタンソース)。
・出来たソースに、茹でた具材と、ハムを加え からめる。
・グラタン皿に具材を入れ、
 チーズをかけ、トースターでこんがり焼く(5分程度)

2017年4月1日

春キャベツの中華風パスタ

痩せやすい身体を作るレシピ

材料(3人分)
パスタ  300g
キャベツ 1/2個(500g)
ニンニク 6片
卵    3個
A
 水     600ml
 ウェイパー  小さじ2(5g)
 (または中華だし)
 しょう油  大さじ2(36g)
片栗粉 大さじ1(9g)
(水大さじ1で溶く)
ゴマ油 小さじ1(4g)
塩・コショウ   適量

1人分
エネルギー  531Kcal
食物繊維 5.9g
塩分   2.5g

作り方
・パスタを湯がく
・半熟卵を作る(☆パスタを湯がいている鍋で並行して作る)
  パスタを2分程度湯がき、麺が柔らかくなり、底に沈んだら、
  鍋の火を少し弱め、卵を1個ずつ、そっと割り入れる。
  好みに硬さになったら、網じゃくし等ですくい、器に取る。

・アンを作る
 ・キャベツは、5mm幅程度の細切りにする。
  ニンニクは、皮をむく。(切らなくてOK)
 ・鍋に、ニンニク、キャベツ、Aを入れ加熱。
 ・沸いたら、片栗粉でとろみをつけ、
  ゴマ油を加え、塩・コショウで味を調える。

・出来たアンにパスタを加え、1分ほど煮絡め、器に盛り、卵を乗せる

2017年4月1日

カロリーオフ♪もちもち団子

痩せやすい身体を作るレシピ

材料(ビー玉程度の大きさで約40個分)
絹ごし豆腐 1/2丁(150g)
片栗粉   50g
★味付け
・ゆであずき(加糖)
・きな粉 大さじ3
  砂糖 大さじ2
  塩  1つまみ
団子(全量:3~4人前)
エネルギー  249Kcal
1個 約6Kcal(団子粉で作った場合の2/1)

作り方
・豆腐に片栗粉を加え、よく混ぜる。
・鍋に湯を沸かす。
 沸騰したら、少し火を弱め、
 生地をスプーンで すくい入れていく。
・団子が浮いてきたら、
 さらに2~3分湯がき、器に取る。
※団子のサイズは、小さ目の1口大。     
 (大きいと、中まで火が通りにくいため。)
 湯がくと少し膨らみます。

2017年4月1日

鶏の照り旨煮

痩せやすい身体を作るレシピ

材料(3人分)
鶏ムネ肉  1枚(300g)
A
 ケチャップ  大さじ2(30g)
 醤油   大さじ2(36g)
 砂糖   大さじ2(18g)
 豆板醤  小さじ1(5g)
 玉ねぎ   2個(400g)
 しめじ   1袋(130g)
 水 50ml

1人分
エネルギー  290Kcal
食物繊維 3.6g
塩分   2.4g

作り方
・鶏肉を1.5cm角に切る。(小さ目の1口大)
フライパンに鶏肉、Aを入れ、混ぜ合わせておく。
・玉ねぎを1口大の乱切り、しめじは、石づきを取り、ほぐす。
下処理が出来たら、フライパンに入れる。(肉の上でOK。)
・水を加え、フタをして点火。(中火)
・しっかり蒸気が上がったら、フタを取り、強火。
軽く混ぜ合わせながら、煮詰め、調味料をからめる。

2017年4月1日

たっぷり野菜の甘酢あん(酢豚風)

痩せやすい身体を作るレシピ

材料(3人分)
麩 30g
卵 1個
水 1/2カップ(100ml)
ブロッコリー 1/2個(100g)
ニンジン 小1本(100g)
玉ねぎ   1個(200g)
シイタケ  8個(80g)
A
 醤油    大さじ2(36g)
 砂糖    大さじ2(18g)
 酢     大さじ1(15g)
 鶏がらだし  小さじ1(3g)
 水     2カップ(400ml)
片栗粉 大さじ1(9g)
水大さじ1(15ml)で溶く
ゴマ油 小さじ1(4g)

1人分
エネルギー  173Kcal
食物繊維 4.6g
塩分   2.1g

作り方
・ボールに卵、水を入れ、よく混ぜる。
・出来た卵液に、麩を加え 混ぜ合わせる。
・全体的に麩と卵液が合わさったら(麩に卵液を染み込ませなくてOK)
レンジで1分チン。1度取り出し、上下を返すように軽く混ぜ、
さらに1分チンする。
・野菜を切る。
ブロッコリーは小房に分け、ニンジンは、小さ目の乱切り、
玉ねぎ、シイタケは、1口大に切る。
・フライパンに、ブロッコリー以外の野菜、チンした麩、Aを加え、加熱。
時々かき混ぜながら、3~4分煮る(☆麩に調味料を染み込ませる)
・ニンジンが柔らかくなってきたら、ブロッコリーも加え、混ぜ合わせ、
片栗粉でとろみを付ける。(※とろみがゆるい場合は少し煮詰める。)
・ブロッコリーが柔らかくなったら、仕上げに ゴマ油を加え、器に盛る。

2017年4月1日

内臓脂肪のもたらす影響

内臓脂肪が多くなると脳梗塞のリスクが格段にあがります。糖尿病、高血圧などを発症、悪化させます。

詳しくはこちら PDF

2017年3月1日

簡単あんかけ茶碗蒸し風

内臓脂肪を減らすレシピ

材料(3人分)
絹豆腐  1パック(320g)
卵    1個
和風だし 小さじ1(3g)
カニカマ 小サイズ2本(12g)
しめじ  1/2本(60g)
A
 水     200ml
 片栗粉  大さじ1(9g)
 しょう油 大さじ1(18g)
 砂糖   小さじ2(6g)

1人分
エネルギー  229Kcal
食物繊維 4.7g
塩分   2.1g

作り方
・ボールに 豆腐、卵、だし を加え、卵が均一になるまで混ぜる。
(豆腐はカタマリが残っていてもOK。)
・耐熱の器に溶いた卵液を移し、ふんわりラップをかけ、レンジで4~5分加熱。
その間にアンを作る。(レンジで作る場合)※鍋で作ってもOK
・しめじは石づきをとり、ほぐす。
・耐熱の器にカニカマ、しめじ加え、Aを加えよく混ぜる。
・レンジで1分加熱。1度取り出し、よく混ぜて、さらに1~2分加熱(沸騰させる)
・出来たアンを豆腐にかける。(彩でネギ等を加える)

2017年3月1日

豆乳トマトのクリームパスタ

内臓脂肪を減らすレシピ

材料(3人分)
パスタ 3束(300g) 
サラダ油 小さじ1(4g)
ニンニク 2片
玉ねぎ 1個(200g)
しめじ 1パック
ほうれん草 1/2束(150g)
カニカマ 1パック(70g)
小麦粉  大さじ1(9g)
コンソメ   1個
水       200ml
トマトジュース 200ml
豆乳      200ml
塩・コショウ  適量

1人分
エネルギー  512Kcal
食物繊維 8.6g
塩分   1.3g

作り方
・ニンニク、玉ねぎは、皮をむき、スライスする。
しめじは、石づきを取りほぐす。
ほうれん草は3cm長さのざく切りにしておく。
・麺をゆがく。
・フライパンのフチに 油を入れ、その上にニンニクを加える。
空いているスペースには、玉ねぎを加え、加熱。
・にんにくから香りが出てきたら、しめじ、カニカマを加え、
全体的に混ぜながら炒める。
・玉ねぎがしんなりしたら、小麦粉を加え、粉が具材に均一にからまるよう
混ぜ合わせる。(一度火を止めてから、粉を加えると焦げ付いたりしない。)
・トマトジュース、水、コンソメを加え、混ぜながら加熱。
・沸いたら、ホウレン草を加え、火を通す。
・豆乳を加え、均一に混ぜ、塩・コショウで味を調える。
・ゆでたパスタを加え、ソースを絡め、皿に盛る。

2017年3月1日

大根の韓国風ピリ辛味噌煮

内臓脂肪を減らすレシピ

材料(4人分)
大根 小さ目1本(約1kg)
コンニャク 1枚(200g)
鶏胸肉 1枚(300g)
A
 ニンニク  5片程度
 味噌 大さじ2(36g)
 しょう油 大さじ2(36g)
 砂糖  大さじ2(18g)
 豆板醤 小さじ1(7g)

1人分
エネルギー  229Kcal
食物繊維 4.7g
塩分   2.1g

作り方
・大根を乱切りにし、レンジで10分ほど加熱しておく
コンニャクは小さ目の1口大に切る
ニンニクは皮をむく。
・大き目のフライパン(または鍋)にコンニャク、ニンニク(そのままの形で)を加え、軽く炒める。
・ニンニクから香りが出てきたら、チンした大根・Aを加えフタをして煮る。
・鶏肉を1口大に切る。
・大根が軟らかくなってきたらたらフタを取り、軽く煮込む。
・しっかり軟らかくなったら鶏肉を加える
(★鶏の身が煮汁にしっかり浸かるように入れる)
・1~2分煮込み、火を止める。
(時間があれば消火後30分ほど置くと、味がなじんで、より美味しくなる)
★鶏肉は、「加熱開始~冷める」まで、煮汁から肉が
顔を出さないようにしておくと、しっとり柔らかく仕上がる。

2017年3月1日

トースターで温かいおやつ♪アップルクラフティー

内臓脂肪を減らすレシピ

材料(食パン2枚分の大きさ)
リンゴ  1個
A
 卵   1個
 砂糖  20g
 小麦粉 20g
牛乳  100ml

全量
エネルギー  404Kcal
食物繊維 3.7g
塩分   0g

作り方
・リンゴは種を取り5mm幅にスライスし、耐熱の器に並べる(皮つきでOK)
・ボールにAを加え、均一になったら、牛乳を加える。
(★ダマ防止の為、牛乳は最後に加えた方がいい)
・並べたリンゴの上から、生地を流し入れる。
・トースターに入れ、ふんわりアルミをかけ、10分焼き、
さらに、アルミを外して、こんがり焼き目がつくまで5分程度焼く。
(※焼き目がついても生地がゆるいようなら、アルミを被せて、さらに焼く。レンジで加熱してもOK。)

2017年3月1日

>>このページの先頭へ戻る